忍者ブログ
日々思いついたことや気づいたこと、活動告知や面白ネタなどをざっくばらんに、かつ、ごく個人的な視点でつらつらと書きつらねてまいります。
653  652  651  650  649  648  647  646  645  644  643 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

嬉しいというか、不思議というか、そんな報告を受けました。

昨年ケッケフェスタのインプロステージでいわゆる「メモリーズ」という演目をやったのですが、それにまつわるお話。

「メモリーズ」とは、お客様の中のどなたかお一方に思い出深い出来事についてインタビューさせて頂き、そこで伺った断片的な情報を元に役者たちが打ち合わせなしの即興でその思い出話に脚色を加えてその方のパーソナルストーリーを演じるというもの。そこには過去だけでなく現在そして未来も表現されます。その時は「今会いたい懐かしい人」に「伝えたい言葉」をステージ上で役者が代理となって伝えるという目的を持って、「メッセージ」というタイトルで行いました。

さて、説明が長くなってしまいましたが、お客様の大切な思い出を(拡大して言えば人生を)扱うということで、これはなかなかデリケートな演目とも言えるものですので、我々も稽古場で何度も練習をしました。

具体的には、インプロチームの演者以外の同じ事務所に所属する役者さんの有志に稽古場に同席してもらい、そのお客様役をやってもらう。もちろん扱う思い出話はその役者さん本人のリアルなお話です。

で、ここからが本題。

この稽古場で扱った思い出話のうちの二つについて、それは起こりました。


どちらも、すでに数年以上連絡が途絶えてしまっている友人とのストーリーだったのですが、このインプロの稽古で取り上げた後にそれぞれその友人の方から連絡が来たとのこと。その事をお話を聞かせてくれたお二方ともとても喜んで報告してくれました。

偶然と言われてしまえばそれまでですが、人が人を「想う力」が何かを動かしたと僕には思えてなりません。僕たちのインプロ活動がその一助となれたとしたのなら…ちょっと素敵やん。(←紳助さん風)

身近にいる同じ事務所の仲間からなのでこうして報告を受けて知ることができたのですが、もしかしたら本番のステージで取り上げさせて頂いたお客様の中にもそんな事が起きている方がいらっしゃったとしたら…めちゃめちゃ素敵やん。

こんな素敵な体験もできるインプロを、今後もさらに研究していきたいと思います。o(^-^)o

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
名前
題名
文字色
電子手紙
ウェブサーバーの識別名
論評
合言葉   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/03 かつにい]
[05/03 従兄]
[02/03 かつにい]
[02/02 琉空]
[11/13 かつにい]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かつにい
性別:
男性
職業:
声優・俳優
自己紹介:
声優、俳優、MC、インプロ、パントマイム、オーディオコントから舞台の脚本、演出まで。興味のあることにはどんどん挑戦しちゃう主義です!
よろしくお願いします!

公式のプロフィールはリンクコーナーにある「ケッケコーポレーション公式HP」内の所属タレント「勝沼紀義」のページにてご覧頂けます。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者アド
忍者アド
徒然落書 ~つれづれらくしょ~ Produced by かつにい  AD :忍者ブログ [PR]

SimpleSquare 和心 ver.2 Edit by : 飛雄