忍者ブログ
日々思いついたことや気づいたこと、活動告知や面白ネタなどをざっくばらんに、かつ、ごく個人的な視点でつらつらと書きつらねてまいります。
187  186  185  184  183  182  181  180  179  178  177 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 近く導入される裁判員制度において、原則自らの意思において辞退できないということが問題になっている。

 そこで最高裁では、国民の負担軽減の為、辞退を認め得るケースというものを検討し、辞退を受け入れるかどうかの判断をするための指針を示した、とのこと。

 考慮される事例としては、「卒業式シーズンの教員」「成人式シーズンの美容師」「仕込み時期の酒造業」「観光シーズンのスキューバダイビングインストラクター」「離島の祭りの時期のその地域に住む若者」「企業の経理・管理職」「医師」「子持ちの主婦」「飲食店のナンバー1ホステス」などなど・・・。

 重視されるのは①他人に仕事を変わってもらえない特別な事情があるか(代替性)②仕事や生活に深刻な悪影響が出るか(影響)、の二点とのことだが・・・ねェ、これってかなりの割合の人が該当するんじゃないですか?

 僕ら役者だって収録・撮影・舞台公演・オーディションなど、基本的にいつだって代替のきかないことだらけですよ。もともと「表現芸術」というジャンルに関して理解の乏しいこの国のおエライさん方は、そのあたりをどれくらい理解してくださってるんでしょうか。収録現場の視察とかしてくれんのか?舞台の仕込から公演、バラシまで体験学習に来てくれるのか?それくらいやってくれないと実際のところは分からないと思うぞ。

 だいたい「君の存在は代替がきくから辞退は認められないよ」って言われたら、どんな仕事してる人でもプライド傷つくと思うのですが・・・そのあたりの配慮はどうなっているんでしょうか?
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
名前
題名
文字色
電子手紙
ウェブサーバーの識別名
論評
合言葉   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
あと、宗教的な観点からも考慮されてないですよね。
個人的な感覚では、現代の「赤紙」に近いと思いました。

あと、あれですかね、密室の中では
「12人の怒れる男」みたいな状況になるんでしょうか・・・

うーん、急ぎすぎている感じはするなぁ。
まさとん 2008年04月14日「Mon」23:18:20 編集
最近おもう事
いろんな問題ありすぎ・世の中 変
2008年04月15日「Tue」21:29:35 編集
無題
>まさとんさん
本当ですね。まさに「平成の赤紙」だ。「12人の怒れる男」とかが今更ながらタイムリーになってきているんでしょうね。TVドラマ化とかしてみるのもいいかもしれませんね。

>汝さん
全くです。今ちょうど話題の後期高齢者医療制度とかも本当に腹が立ちます。弱い者いじめもいい加減にして頂きたいですね。税金は無駄遣いしといて。政治家がもっとも低所得な職業に設定したらいいんじゃないかな、そしたら本当に善意の人しか政治家にならなくなる。
かつにい URL 2008年04月16日「Wed」10:25:36 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/03 かつにい]
[05/03 従兄]
[02/03 かつにい]
[02/02 琉空]
[11/13 かつにい]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かつにい
性別:
男性
職業:
声優・俳優
自己紹介:
声優、俳優、MC、インプロ、パントマイム、オーディオコントから舞台の脚本、演出まで。興味のあることにはどんどん挑戦しちゃう主義です!
よろしくお願いします!

公式のプロフィールはリンクコーナーにある「ケッケコーポレーション公式HP」内の所属タレント「勝沼紀義」のページにてご覧頂けます。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者アド
忍者アド
徒然落書 ~つれづれらくしょ~ Produced by かつにい  AD :忍者ブログ [PR]

SimpleSquare 和心 ver.2 Edit by : 飛雄