忍者ブログ
日々思いついたことや気づいたこと、活動告知や面白ネタなどをざっくばらんに、かつ、ごく個人的な視点でつらつらと書きつらねてまいります。
497  496  495  494  493  492  491  490  489  488  487 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こういった仕事をしている立場からしましても吹替を力一杯推奨したい私でありますが、吹替、字幕、双方に長短ありとは思います。

吹替の良さとしては、台詞の意味に含まれる細かいニュアンスも表現することが可能であったり、視聴者が目と耳の両方で情報を得るためストーリーや映像演出の細部が解りやすかったり、あるいは少しマニアックな方は吹替声優の表現を楽しむ、なんてのもあります。

一方、字幕の良さとしては、オリジナルの俳優の声でそのまま楽しめる、とか原音独自のリズムやイントネーションをダイレクトに感じられるとか、これまたマニアックですが字幕用翻訳ならではの手短な日本語チョイスを楽しむ、なんてのもあると思います。

しかし最近、新たなスタイルをTVでちょくちょく見かけるようになりました。「吹替+字幕」というハイブリッド種です。

ところで吹替翻訳と字幕翻訳の内容が違う、というのは良くあることです。「吹替+字幕」を見る方の中にはあえてこの日本語訳の違いを楽しむのだという方もいらっしゃれば、この二つの内容が全然違うじゃないか、と文句を言う方もいらっしゃるようです。

吹替翻訳というのは大抵、その台詞の本来の意味を損なうことなく、場合によってはより効果的な日本語に変換して、なおかつオリジナル俳優さんの口パクになるべく合うように作られています。一方、字幕翻訳は視聴者が無理なく目で追える文字数と表示スピードが計算された上で台詞本来の意味をなるべくストレートに伝えられるように作られているものでしょう。そもそも主となる目的が違うのだから吹替翻訳と字幕翻訳には日本語表現に違いが出てきても何ら不思議はない。


それにしてもこのハイブリッド種は我々声優にとってはどうなのか?先日、仕事場でそんな話題になった時に、こういったご意見がありました。

「吹替で台詞の最後にオチがつく、なんて場合に字幕で一瞬早くオチがばらされちゃうんだよね」

なるほど言われてみればそうですね、と私はその時話してて気づいたのですが、これはアレに似てますね。カラオケで歌詞が面白いコミックソングを歌ってる時に画面の歌詞テロップで先にネタがばらされてしまっているという哀しさ。哀しいっていうより恨めしいですよね、画面が。こっちが面白い部分を歌う前に聴いてる人たちが画面見て笑っちゃってんだもの。


さて、「吹替+字幕」は今後どのように展開して行くのか?


うーん、でもやっぱり個人的にはなるべく多くの方に吹替オンリーで楽しんで頂きたいなあ、と思いますねぇ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
名前
題名
文字色
電子手紙
ウェブサーバーの識別名
論評
合言葉   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
昔は字幕派でしたが専門学校に入ってからは両方見るようになりました
KING 2010年09月02日「Thu」22:58:33 編集
>KINGさん
そうだ!みんなで吹替版を観よう!!
かつてフランスでは自国の言語に誇りを持っている、という国民性が吹替版普及のきっかけになったそうですよ。日本人も日本語にもっと誇りを持とう!!
かつにい 2010年09月03日「Fri」12:08:23 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[07/03 かつにい]
[05/03 従兄]
[02/03 かつにい]
[02/02 琉空]
[11/13 かつにい]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かつにい
性別:
男性
職業:
声優・俳優
自己紹介:
声優、俳優、MC、インプロ、パントマイム、オーディオコントから舞台の脚本、演出まで。興味のあることにはどんどん挑戦しちゃう主義です!
よろしくお願いします!

公式のプロフィールはリンクコーナーにある「ケッケコーポレーション公式HP」内の所属タレント「勝沼紀義」のページにてご覧頂けます。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者アド
忍者アド
徒然落書 ~つれづれらくしょ~ Produced by かつにい  AD :忍者ブログ [PR]

SimpleSquare 和心 ver.2 Edit by : 飛雄