忍者ブログ
日々思いついたことや気づいたこと、活動告知や面白ネタなどをざっくばらんに、かつ、ごく個人的な視点でつらつらと書きつらねてまいります。
39  38  37  36  35  34  33  32  31  30  29 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 洋画の吹き替えなんぞをしておりますとよくアクションシーンで殴ったり殴られたりなんてのがあります。

 わたくしなんぞはこの声質のせいもあって、ゴロツキ・チンピラ・ヤクザなんて系統の役をふられることが多くてですね、声だけではしょっちゅう殴ったり殴られたり撃たれたり刺されたりしてます。

 んで、結果的に「やられ」の声にもいろいろなバリエーションが生まれてくるわけです。もちろんパターンで演じてるつもりではありませんが、やはりいくらかは分類整理される部分もありまして…例えば顔を殴られた時と腹を殴られた時では発する音が根本的に変わってきますよね。これが拳で殴られた時、平手打ちをくらった時、棒で殴られた時もそれぞれ違います。

 今日の収録でもさんざん殴られたり撃たれたり吹っ飛んだりしましたが、収録の合間に某若手女性声優さんから「あの、さっき出してた『かはっ』って音はどうやって出すんですか?なんか二つくらいの音をほぼ同時に出してますよね?」と尋ねられました。

 そうあらためて尋ねられると果たして自分はどうやって出してるんだろう、と返答に困ってしまいました。しかし反面、そういえば女性登場人物は映画の中で殴られたりするシーンがそれほど多くないんだなということにも気付きました。まして数発連続で殴ったり殴られたりなんてアンジェリーナ・ジョリーみたいなのでもやらないとなかなかないですよね。

 質問を受けた『かはっ』ってのは自分なりに無理矢理文字に変換すると『ぐぉかはっ!』って感じなんですが、「説明しろと言われるとよくわかりませんがこれこれこういうイメージで」とアクションを交えながら説明するとその女性声優さんは明るく「じゃあ今度使ってみます!」…って、それを使う時は果たしていつきますかねー( ̄∇ ̄;)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
名前
題名
文字色
電子手紙
ウェブサーバーの識別名
論評
合言葉   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/03 かつにい]
[05/03 従兄]
[02/03 かつにい]
[02/02 琉空]
[11/13 かつにい]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かつにい
性別:
男性
職業:
声優・俳優
自己紹介:
声優、俳優、MC、インプロ、パントマイム、オーディオコントから舞台の脚本、演出まで。興味のあることにはどんどん挑戦しちゃう主義です!
よろしくお願いします!

公式のプロフィールはリンクコーナーにある「ケッケコーポレーション公式HP」内の所属タレント「勝沼紀義」のページにてご覧頂けます。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者アド
忍者アド
徒然落書 ~つれづれらくしょ~ Produced by かつにい  AD :忍者ブログ [PR]

SimpleSquare 和心 ver.2 Edit by : 飛雄