忍者ブログ
日々思いついたことや気づいたこと、活動告知や面白ネタなどをざっくばらんに、かつ、ごく個人的な視点でつらつらと書きつらねてまいります。
249  248  247  246  245  244  243  242  241  240  239 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 空き時間ができるとついつい玩具店に足が向きます、かつにいです。

 そんなわけで某トイザ○スの中をぶらぶら歩いておりますと、PS3版「湾岸MIDNIGHT」の試遊台がありました。4~5歳くらいの男の子がお父さんに付き添われて今まさにチャレンジ、というところだったので少し離れたところでしばらく彼の走りを見させてもらうことに。

 気分はRGOの大田です。っていうかある意味本人ですが。

 ストーリーモードなのでバトル導入部や走行中にキャラクターが登場して喋ります。首都高で時速300km/hの世界。アキオが、麗奈が、マサキが、バトル前の緊迫感に満ちた会話を交わします。このままステージが進めばこんな感じで自分の台詞も聞こえてくるのでしょう。しかしまずはステージ1、C1赤坂ストレート。そしていよいよ命がけの首都高バトルがスタート!

 「ブーン、ガンッ!ガリガリ、ブーン、ガンッ!」

 …どうやらその少年に首都高バトルはちょっぴり早すぎたようです。

 走りだし→壁に激突→逆走、を繰り返し、スタート地点からまったく進みません。時々一般車にぶつけてみたりもします。

 でも少年は楽しそうです。

 やがて車体から煙が上がりはじめます。

 少年はすごく楽しそう。きゃっきゃっ、とはしゃぎながら笑顔でぶつけまくってます。

 突然、画面上にRGOのチューナー・山中が現れ、冷や汗タラリの表情で呟きます。「このエンジンはもういつ死んでもおかしくない…」

 山中の声の深刻さと対照的な少年のはしゃぎっぷりに思わず笑っちゃいました。

 ちなみに山中役はみそかつのたくらみで一緒に活動している三戸君。だから余計に面白くって(笑)

 …まぁ、プレイヤーが楽しければそれでいい…か。

 結局、見ている限りでは大田の出番はナササリーでした。残念。



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
名前
題名
文字色
電子手紙
ウェブサーバーの識別名
論評
合言葉   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/03 かつにい]
[05/03 従兄]
[02/03 かつにい]
[02/02 琉空]
[11/13 かつにい]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かつにい
性別:
男性
職業:
声優・俳優
自己紹介:
声優、俳優、MC、インプロ、パントマイム、オーディオコントから舞台の脚本、演出まで。興味のあることにはどんどん挑戦しちゃう主義です!
よろしくお願いします!

公式のプロフィールはリンクコーナーにある「ケッケコーポレーション公式HP」内の所属タレント「勝沼紀義」のページにてご覧頂けます。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者アド
忍者アド
徒然落書 ~つれづれらくしょ~ Produced by かつにい  AD :忍者ブログ [PR]

SimpleSquare 和心 ver.2 Edit by : 飛雄